キャビテーションがダメならハイフではいかが?

エステの代表的な痩身術として挙げられるのが、キャビテーションです。キャビテーションは、超音波の力を借りて皮下脂肪を合理的に減らすことができる施術ではありますが、皮下脂肪の量がかなり多かったり、皮下脂肪がセルライト状に固まってしまったりしている方の場合では、痩身効果がなかなか現れないことがあります。
では、ハイフではどうなのでしょうか。
今回は、キャビテーションとハイフの違いや効果についてご紹介します。

キャビテーションで痩せる仕組み

キャビテーションは、表皮から皮下脂肪部分に向けて超音波を照射し、その振動によって脂肪細胞内に空洞現象を起こさせて、脂肪細胞を対外へ排出させる方法です。
脂肪細胞内に空洞現象によってできた気泡に破裂が起こると、その力によって脂肪は乳化します。そして、このようにして乳化した脂肪は、血管やリンパ管を通って自然に体外へ排出されて行きます。
このように、合理的な方法で皮下脂肪を減らすことができるキャビテーションではありますが、効果の現れ方には個人差があり、1回で効果を実感することができる方日もいれば、5回目でやっと効果が現れ始める方もいます。

では、キャビテーションにはどの程度の痩身効果を期待することができるのでしょうか。
まず、キャビテーションは皮下脂肪が気になるさ部分にピンポイントで超音波を照射する方法であるため、部分的なサイズダウン効果を狙うことができるという特徴を持っています。
その際、部分的なサイズダウンには成功しても、体重が大幅に減るということはありません。つまり、全体的に体重を落としたいという方には不向きな方法であるということです。

また、キャビテーションは頑固なセルライトにも対応している痩身術ではありますが、長年放置してガチガチに固まってしまったセルライトの場合では、なかなか効果を実感することができないことも考えられます。
キャビテーションは、1回の施術効果が約2週間継続するといわれていますが、その期間を過ぎると効果が失せますので、2週間に1回を目安に施術を受けて行く必要があります。

ハイフで痩せる仕組み

では、ハイフではどのような原理で痩せることができるのでしょうか。
ハイフもまた、超音波の力を借りて行う痩身術ですが、キャビテーションが比較的範囲に超音波を照射するのに対し、ハイフは超音波のパワーを1点に集中させて皮下脂肪を破壊しますので、キャビテーションよりも皮下脂肪が受けるダメージが大きく、効果が現れやすいといわれています。

キャビテーションもハイフも、超音波を照射するところまでは同様ですが、キャビテーションが脂肪細胞を乳化させるのに対し、ハイフは強いパワーでダイレクトに脂肪細胞を破壊し、脂肪細胞を老廃物化させるという違いがあります。
そして、老廃物化した脂肪細胞は、マクロファージ(貧食細胞)によって分解され、やがて体外へ排出されて行きます。
この原理から考えられることは、強いパワーでセルライトを除去することが可能であるため、皮下脂肪が比較的薄い方ではなく、皮下脂肪が厚い方や、硬くなったセルライトが多い方に向いてる施術であるということです。
つまり、キャビテーションでなかなか効果を実感できないという方であっても、ハイフであれば効果を実感できる可能性が高いと考えられるということです。

ハイフもまた、1回目の施術から約2週間効果が続くといわれています。
そして、キャビテーションの場合では 施術後に放置していると、脂肪細胞が元の状態に戻ったり、他の脂肪細胞に吸収されたりすることがあるといわれています。
つまり、リバウンドする可能性が無きにしも非ずということですね。

一方で、ハイフの場合では、脂肪細胞そのものを破壊するため、リバウンドする確率か低いというメリットを持っています。
ただし、ハイフを受けるためには皮下脂肪の厚みが2.5㎝程度必要ですので、もともと皮下脂肪の厚みが薄い方は、ハイフを受けることができません。

ハイフはどこで受けたらいいの?

ハイフは、エステティックサロンまたは医療機関で受けることができ、エステティックサロンでは美容機器、医療機関では医療機器に分類されるマシンを用いて施術が行われます。
では、これらにはどのような違いがあるのでしょうか。

まず、医療機関に導入されているマシンの場合では、ハイパワーで痩身効果が現れやすいというメリットがありますが、ハイパワーな分、施術中や施術後に痛みを感じることがあるというデメリットを持っています。
また、人によっては施術部分に内出血が現れることもあるようです。
一方で、エステティックサロンのハイフでは、医療機関に導入されているマシンよりもパワーが弱く、効果の現れ方が緩やかであるというデメリットを持っています。
ですが、パワーが弱い分、施術中や施術後に痛みを感じる可能性は低いというメリットを持っています。

どちらを選ぶのかはあなた次第ですが、ハイフが初めてなのであれば、まずは身体がショックを受けにくい、エステティックサロンのハイフで試してみてはいかがでしょうか。

  • おすすめエステ体験ランキングを見る
  • 痩身エステ体験レポートを見る